性感染症

冬にかけて感染者が増える性感染症とは

夏が終わったころから性感染症の感染率が高くなります。

 

まずは性感染症とは何かを理解しておくことが大事です。

 

そもそも、性感染症とはどのようにして感染するのでしょうか。
性感染症とは、性交やオーラルセックスにより発症します。
STDやSTIと呼ばれることもあるそうです。

 

有名なものであれば、クラミジアや淋病、性器ヘルペスなどが挙げられます。

 

また、毛じらみやカンジダになる人も多いでしょう。

 

さらに年々感染者が増えているのがHIVと呼ばれるエイズです。

 

このような性感染症の原因なるのは、細菌やウイルスです。

 

そして、原虫やカビ、寄生虫が原因になることもあります。

 

性感染症は大変怖いものです。

 

なぜなら、自分だけが注意をしていても防ぐことができません。

 

パートナーにも一緒に対策をしてもらうことが大事です。

 

性感染症はコンドームを使うことで予防できます。

 

自分で自分の体を守るようにしてください。

 

もしも、感染していることが発覚したならば、早めに治療を受けましょう。
治療を受けることで完治することが可能です。

さまざまな問題を抱える性感染症の現状

多くの人が性感染症の存在を知っているはずです。

 

しかし、なかなか性感染症の現状を知らない人が多いようです。

 

性感染症の現状に関する知識を身につけておきましょう。

 

性感染症はSTDと呼ばれます。

 

性感染症の現状を挙げると、クラミジアが最も感染者の多い性感染症です。

 

女性は性感染症に感染しても症状を感じることが難しくなっています。
自覚症状がないため、知らない間にうつしてしまうことが多いようです。

 

また、一人の男女の性交渉回数も増加傾向にあります。
低年齢化やオーラルセックスの流行も性感染症増加の要因です。

 

20代以上の女性に増えつつある子宮頸がんも性感染症と関連しています。
子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染により発症します。

 

他にも、性感染症が不妊症などにも影響することを覚えておきましょう。

 

性感染症は一度の性交でも感染します。
一人一人が自覚を持って予防をする必要があります。

 

性感染症への知識を身に付け、関心を持つことが大事です。
パートナーとしっかり話し合って、対策を行うようにしましょう。

気をつけたい性病であるクラミジア

最も感染率が高く、気をつけたい性病といえばクラミジアです。

 

クラミジアは生きた細胞内で増殖して行く微生物です。
女性は性的交渉により感染します。

 

主に不妊症の原因になるといわれています。

 

クラミジアによって起こるものは、子宮頸管炎、卵管炎、卵巣炎などです。

 

卵管機能障害を発症する危険性があります。

 

妊婦の場合は、早産や流産の原因にもなります。
早めに治療しておいた方がよいでしょう。

 

しかし、クラミジアは無症状といわれます。
したがって、なかなか自分で気づくことができません。

 

すぐに発症するわけでもないため、潜伏期間についても知っておきましょう。
クラミジアの潜伏期間は少なくとも1週間、長い場合は3週間程度になるそうです。

 

予防するためにも、性的交渉を行う時にはコンドームを使用するようにしてください。
感染していることが分かった場合は、パートナーも一緒に治療を行う必要があります。

 

抗菌薬で治療を行うようにしてください。
薬を利用すると、20日程度で完治するようです。